QRコード決済のしくみとは?解説します

キャッシュレス
ゆきまむ
こんにちは。金融関連会社で決済の仕事をしている、ゆきまむと申します。

QRコード決済、徐々に広まってはいますが、まだ使ったことのない方も、今一つ理解できていない方もいると思います。

この記事ではQR決済とそのしくみについて詳しく説明します。

これでQRコード決済については丸わかりです!

「QRコード」とは、バーコードが進化したもの。新しいものではないんです

QRコードとは「マトリックス型二次元コード」ともよばれており、従来のバーコードが進化したものです。決済以外の用途にも広く使用されており、その開発は90年代。決して新しい技術ではないんです

従来のバーコードは縦方向に異なる幅の線が記載され、バーコードリーダーによって情報を読み取っていました。

従来のバーコード

しかし、QRコードの場合はバーコードとは異なり、横だけではなく縦方向のデータも読み取ることが可能になっています。

サンプル

バーコードは横方向にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横に情報を持ちます。

そのため、格納できる情報量が多く、数字だけでなくアルファベットや漢字など多言語のデータも格納できるなど、バーコードよりも多くの情報が記録できるのが特徴です。

QRコード決済の利用方法|ストアスキャンとユーザスキャン

QRコード決済の利用方法は簡単です。

LINE PayやPay Payなどの特定アプリをスマホへインストールして、銀行口座との連携(自動引き落とし、チャージ用口座指定)などを設定するだけ

非常に簡単なものとなっています。

インストールを試してみたい方はこちらからどうぞ。

【LINE Pay】

【PayPay】 店頭での支払い方法は2通りあります。 1つは、ユーザーが自身のアプリ外面に表示されるQRコードを店舗店員へ提示し、店舗店員がそれを読み取り機で読み込む(ストアスキャン)という方法です。

 

もう一つは、店舗がレジで提示するQRコードを、ユーザー自身がアプリ画面のスキャン機能を使って読み取る方法(ユーザスキャン)です。

どちらであってもユーザーには原則的に、コストはかかりません。

同じアプリ内でどちらも選択でき、タップ一つですぐに切り替えできるようになっていますので、いずれの場合でもまごつくことは無いはずです。

なお、どちらを使うかは店舗によります。「〇〇ペイを使いたい」と言えば、どちらかを指定してくれるはずでしょう。

Webでの利用も可の能

大抵の「ペイ」系サービスは、オンライン決済(インターネットを通じて行う取引)も可能です。

エスクローサービスがあるから安心して使える!

大体の「ペイ」決済には、エスクローサービスが付いています。

これは取引の安全性を保障する仲介のことで、利用者と販売者がお互い顔が見れないWeb上での取引の場合、決済事業者がその取引の安全性を保障します。

商品を購入するユーザーは、ペイ決済を通して代金を支払いますが、この時点で代金はいったんペイ事業者へプールされます。

ペイ事業者はユーザーの支払いを販売者へ報告します。

販売者はその報告をもって商品をユーザーへ発送します。

商品を受け取ったユーザーは商品の内容を確認します。

商品に問題がなければペイ事業者にプールされていた代金は販売者に支払われます。もし問題があればペイ事業者がユーザーと販売者間のトラブル解決を仲介し、ユーザーにはリファンドされるというしくみです。

これによって、ユーザーは商品を受け取れないリスク、不良品を摑まされるリスクを減らすことができます。

また事業者は売掛金回収リスクを軽減することが出来、資金繰が改善されることになるのです。

ゆきまむ
これで安心して使える!

決済サービス以外の用意もある

割り勘機能、送金やチャージ機能のほかに、オンラインモール、保険サービス、レストランなどの事前予約サービス、割引クーポン配信など、いわば「LINE経済圏」「Pay Pay経済圏」の様相を呈しています。

LINE PayやPay Payアプリを入り口にして、これらすべてにアクセスできる、いわばポータルとしての役割を果たしているのです。

QRコード決済のメリット

ユーザー側のメリット

  1. 財布はもちろん、いろいろなカードを持つ必要がなくなります。
  2. ヒトやモノに触れることなく決済が完了するため、衛生的。これは新型コロナウイルス対策にもなります。
  3. スキミング被害に遭う危険が低い海外ではよくあることで、クレジットカードの場合、カードに記録されたデータを不正に読み取られてしまうリスクはゼロではありません。QRコード決済の場合はそもそも物理カードを提示する必要がなく、スマホを提示するだけで決済ができるためスキミング被害に遭うリスクは低いです。
  4. 割り勘機能があるので、面倒な計算や手間がいらない。
  5. QRコード決済事業者が割引キャンペーンやクーポンを用意していることがある。

店舗側のメリット

① 専用のカードリーダー端末の設置が不要

店舗側から決済完了を確認する際には、パソコンやスマホ、タブレット端末などにインストールされた管理用のシステムやアプリケーションを使用します。

店頭にQRコードを提示しておくだけでよく、クレジットカード決済や交通系電子マネー決済のように端末の導入や回線工事等が不要なため、導入コストが抑えられます。

② キャッシュレス利用顧客の取り込みが可能

訪日インバウンド客や現金利用にハードルのある層などの新しい囲い込みに繋がり、ビジネスチャンスが広がることが期待できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

技術自体は決して新しいものではなく、安全性も高いQRコード決済。

スマホひとつで簡単に利用ができますので、これまで抵抗のあった方も、ぜひQRコード決済サービスの導入を検討してみてくださいね。