【これでわかる】LINE Pay|手軽に始められて機能も多い

キャッシュレス
ゆきまむ
こんにちは。金融関連会社で決済の仕事をしている、ゆきまむと申します。

LINEのアプリを使っていると、LINE Payの広告を見る機会が多いと思います。

今回の記事ではLINE Payについてまとめてみました。

概要

LINE PayはLINEが提供する決済サービスです。

LINEユーザーであれば新アプリをインストールする必要なく、入会金や年会費は無料。

誰でも利用できるのが大きな特徴です。加盟店での買い物の決済はもちろん、相手の口座番号を知らなくても、LINEのともだち間でトーク上でお金のやり取りができます。

また、Line Payは基本的にプリペイド方式ですが、クレジットカードを登録することでポストペイド方式にすることもできます。

プリペイド方式でチャージする際は手動・自動どちらでも対応しており、コンビニ等で手動チャージすることもできますし、銀行口座からのオートチャージを指定することもできるようになっています。

LINE Payの主な機能

LINE Payの主な機能は以下の通りです。

<決済機能>

  1. QRコード決済
  2. オンライン決済(Web上)
  3. 請求書決済(請求書上のバーコードをスキャン)

<送金・振込機能>

  1. LINEのともだちへの送金・送金依頼
  2. 割り勘機能
  3. 銀行口座への振り込み機能

<チャージ>

  1. 銀行口座からのチャージ(都度チャージ、オートチャージともに可能)
  2. QRコードを使った店頭でのチャージ
  3. LINE Payカード(プリペイドカード)を使った店頭でのチャージ
  4. セブン銀行ATM、Famiポートでの現金チャージ

以下で詳しく見ていきましょう。

LINE Payの決済機能

QRコード決済

ストアスキャン、ユーザスキャンともに可能となっています。

またAndroid対応のスマートフォン利用の場合は、QUICPay+ (Google Pay™) 加盟店でLINE Payを利用することもできますよ。

① 「Google Pay」と「オサイフケータイ」をダウンロードし、LINE Pay上で「QUICPay」を選択

② バーチャルカードを発行し、Google Payに登録

③ 完了です

簡単ですね。

オンライン決済(Web決済)

LINE profile+に情報登録をすると、オンライン決済時に[LINE Payでお支払い]が選択できます。
届け先の住所などの都度入力が不要なので便利。

請求書決済

LINE Payと提携している公的機関などから届いた請求書のバーコードをスマホでスキャンすると、LINE Payの残高から代金を支払えます。

送金・振込機能

LINEのともだちへの送金・送金依頼

LINE Payのメニューもしくは友だちとの1:1トークルームからリアルタイムで送金したり、送金を依頼できます。手数料は0円なので手軽に使えますね。

割り勘機能

LINEのユーザー同士で割り勘した金額をLINE Pay残高や現金で支払ってもらうよう依頼したり、送金したり、集金を管理したりすることができます。
割り勘メンバーに現金の人がいても大丈夫。
 
送金限度額は1日10万円です。

銀行口座への振り込み機能

LINE Payにチャージされている残高を指定した銀行口座へ振り込むことができます。ただし、振込する際には手数料が¥176(税込)かかります。

チャージ

銀行口座からのチャージ(都度チャージ、オートチャージともに可能)

銀行口座を登録すると、口座からチャージできます。チャージ用として登録可能な銀行は、こちら。面倒ならオートチャージを設定すれば、設定した金額を下回ると、登録した口座から自動でチャージできますよ。

QRコードを使った店頭でのチャージ

QRコード/バーコードを使用してAINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズの店頭でLINE Pay残高にチャージすることができます。
 
入金は現金のみで、1回につき1円以上49,000円以下でチャージが可能。

LINE Payカード(プリペイドカード)を使った店頭でのチャージ

LINE Pay カードを使って店舗のレジでチャージできます。現在、利用可能店舗はローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズですね。

(LINE PAYカードの詳細は別記事にて記載予定)

セブン銀行ATM、Famiポートでのチャージ

セブン‐イレブン店舗などにあるATMや、ファミリーマートにあるFamiポートでもチャージができます。

ゆきまむ
機能はとても充実しているので便利ですよ。

それでは、次は逆にLINE Payの強み・弱みを見ていきましょう。

LINE Payの強み

LINEのアプリで利用可能。専用アプリ不要!

LINE Payには大きな強みがあります。

日本人に最も身近なコミュニケーションツール「LINE」のアプリにデフォルトでインストールされているので、新たに専用のアプリをダウンロードする必要がないのです

新しいアプリをわざわざダウンロードする必要がなく、手軽にスマホ決済を始めることができます。

「LINE」の国内ユーザーは8000万人を突破していますが、この人数が登録ひとつでLINE Payを利用することができることになります。

現在「LINE」は動画・音楽・漫画・ゲーム等からなるコンテンツプラットフォームと、決済・求人などの生活関連サービスを提供するライフプラットフォームを融合させることで、ユーザの生活全般をサポートする総合プラットフォームとなっています。

この「気軽さ」はLINE Payの大きな強みでしょう。

QUICPay+ (Google Pay™)利用可能

QUICPayは、国際ブランドであるJCBが展開する電子マネーです。

QUICPayはポストペイドなので、支払いの引き落としのためクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを登録して利用します。

現在LINE Payも引き落とし対象に登録することが出来ますので、LINE Payが使用できない店舗でQUICPayを利用することも出来るようになっています。

LINEポイントクラブのポイントが溜まる

LINEポイントクラブは、ポイントを貯めるほどランクアップし、ランクごとに特典がもらえるメンバーシッププログラムです。

マイランクは過去6ヶ月間のポイント獲得量に応じて変動します。

「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の4段階あり、ランクごとに特典(特典クーポン、チャージ&ペイ還元など)が変わります。

なお、プラチナはVisa LINE Payクレジットカードを発行し、LINE Payアカウントにクレジットカード登録することが条件となっています。

(Visa LINE Payクレジットカードについては別途記載予定)

LINE Payでは現金出金することができる

少し珍しい機能ですが、LINE Payでは出金することができます
「チャージ残高が余っているが、どうしても現金が必要になった」「送金してもらったお金を現金で使いたい」といった場合に使えますね。

引き出し方が「セブン銀行ATM」か「それ以外の銀行」かで引き出せる時間が変わります。

  • セブン銀行ATMを利用する場合

セブン銀行ATMの場合は、24時間引き出しができます。

ただし、引き出し可能金額が¥1,000~¥10,000と定められている点は注意してください。

  • それ以外の銀行を利用する場合

最低金額の設定はありません。

引き出し可能金額は¥1~¥100,000となっています。なお、出金の手数料はいずれも¥216/回となっています。

いずれの場合も出金可能金額は少額ですので、あくまで万一の場合の保険と考えておいた方が良いでしょう。

ゆきまむ
LINEは国民的アプリだし、利用へのハードルが低いのは強いですね。

でも、LINE Payの弱みは無いのでしょうか?以下、見ていきましょう。

LINE Payの弱み

チャージできるクレジットカードはVisa LINE Payクレジットカードのみ

LINE Pay はクレジットカードの登録は可能ですが、チャージが出来るクレジットカードはVisa LINE Payクレジットカードのみです。

 Visa LINE Payクレジットカードをクレジットカード登録すれば、事前チャージ不要・LINEポイント3%還元というメリットがあります。

ですがあくまでVisaカードとなりますので、MasterやJCBのクレジットカードを利用している人などにとっては、他社サービスと比べて不便に感じるかもしれません。

金融事業のサービスレベルは未知数

LINEはコミュニケーションアプリのサービス経験は豊富ですが、金融事業のサービス提供の歴史は長くありません。

金融において最も重要となるのは顧客からの信頼です。

サービスの安全性やカスタマーサポートのレベルなどは、サービス提供を長年培って徐々に築いていくものでもあります。

LINEが金融会社としてユーザーからの信頼を勝ち得ることが出来るのかは、今現在未知数です。

ゆきまむ
テクノロジーがいかに優れていても、信頼できないサービスは利用したくないですよね。カスタマーセンターの対応がイマイチ・・・といった口コミも聞こえてきます。もう少し頑張ってほしい!

こんな人におすすめ

LINE PayはLINEユーザーであればすぐに利用開始することができます。

「LINEでともだちとやり取りする機会が多い」「ともだちと飲みに行く機会が多い」など、ともだちとのコミュニケーションが多い人にとっては、特に便利になるでしょう。

ゆきまむ
私は飲み会の精算の場で、割り勘機能を使うためにともだちに急遽入れてもらったことがあります(笑)。すぐに利用開始できるので便利でした!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はLINE Payの強みや弱みについて記載してきました。

LINEでの送金や割り勘が簡単にできるなど、お得で便利なサービスがたくさんあるLINE Pay。LINEモバイルユーザーにはとてもおすすめのサービスです。

是非、一度利用してみてくださいね。