留学先の大学をどうやって選ぶ?実体験の紹介!

留学

なぜ留学するのか説得できますか?

留学するか否か迷っている人や、留学に興味があるけれど周囲を説得出来るか自信が無い...という人は多いと思います。

また、留学したいけれどどうやって留学先を選べばよいか分からない...という人もいるでしょう。

この記事では私の実体験の紹介も交えつつ、留学先の選び方についてご案内します。

【実体験】私が留学を決めた理由

一言で言うと、日本の大学で勉強することに価値を見出せなかったからです。

皆で一斉に国立大学を成績で選んでひた目指す風潮に違和感を感じたことと、漠然と国際関係の勉強をしたいと思っていましたが、この日本という国でその勉強がどこまで出来るのか疑わしく感じたからのでした(あくまで高校生当時の意見です。)

今にして思えば、かなり尖っていた・・・というか生意気ですね(苦笑)

様々な国籍と人種が入り乱れ、多様な価値観のあるアメリカであればそんな悩みが解決出来るかと思いました。

因みに、私の専攻ではアメリカで学ぶということに価値があると思ったため、 今人気のオーストラリアやカナダはあまり選択肢に入れませんでした。

このように「何を学びたいのか」を考えていくと、留学先を絞り込んでいくことに繋がります。

おすすめの大学選び方3ステップ!

大学の選び方は以下のステップをお勧めします。

  1. 勉強したいことをぼんやりとでもいいのでリストアップする
  2. ざっくりと4年間の予算を考える(100万円単位で可)
  3. 留学したい国をリストアップし、その国に予算内で学びたい専攻がある大学があるか調べてみる

私の場合、以下のようになりました。

ゆきまむ
  1. 国際関係の勉強がしたい → アメリカで勉強することにバリューがある!
  2. 東京で私立大学に通う場合を想定し予算立て → 超過する場合は代替策について検討しよう
  3. 国際関係を予算内で学べるアメリカの大学のリストアップを実施 → 絞り込み! 

予算内で希望大学が見つからない場合、留学コストダウンを検討する必要があります。こちらに詳しく記載しましたので、ご参考ください。

あきらめないで!海外留学の費用を抑える方法3つ!

エージェントを使うべき理由とおすすめエージェント3つ!

あなたが留学を検討されているのであれば、是非専門エージェントの利用を検討してください。

留学にかかわる事務手続は非常に煩雑ですし、個人で得られる情報には限りがあります。

ここはお金を出してでもエージェントを使用した方が、多くの情報を簡単に得られるようになります。

実際、恐らく8割以上の留学生がエージェントを利用しています。

まだ行きたい国が絞り切れていない・・・という人なら、英語圏全体に強みのある「スクールウィズ」がおすすめです。

 カナダならば、手数料無料で留学手続きをしてくれる「カナダジャーナル」が使いやすいです。

また、オーストラリアなら、提携学校数が多いYAC Agencyが良いと思います。


エージェントが提携している大学があるなら、その中から留学先を選ぶのも良いでしょう。

なぜならばそういった大学は留学生受け入れに積極的であり、日本人受け入れの実績もあるからです。

あまりに実績の無い大学ですと、留学後余計な気苦労をすることになりかねません。

また、大学提携の語学学校に入学すれば、大学入学時のTOEFLスコアを大目に見てくれる学校を紹介してくれるエージェントもあります。

留学前はTOEFL対策を皆さん必死に行いますが、留学後は英語を学ぶことではなく、英語を使って学び生活することが目的となります。

したがって、私はTOEFL攻略にあまり長くの時間を費やすのはおすすめしません。多少TOEFLスコアが及ばないのであれば、是非現地の語学学校を活用しましょう。

より生きた英語を学べますし他国からの留学仲間も出来ますので、大学生活がより豊かなものになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

迷っているならばまず一歩を踏み出し、エージェントへの無料登録をしておきましょう。

きっと良い情報が得られるはずですよ。