【2020年5月15日発表】PayPayとLINE Pay、東京都の固定資産税などが支払い可能に【6月1日から】

キャッシュレス

PayPay、LINE Payで固定資産税などの支払いが可能に

東京都で、6月1日から都税のスマートフォン決済アプリによる納付が開始されます。

対応するのはPayPayとLINE Payの2つ。

以下、詳細を見ていきましょう。

対象となる納付書

東京都が発行する、

  • 固定資産税・都市計画税(23区内)
  • 固定資産税(償却資産)(23区内)
  • 不動産取得税
  • 個人事業税

  • 自動車税種別割

の納付書です。

一枚あたりの合計金額が30万円までの納付書(バーコード印字があるもの)が対象となりますよ。

PayPay請求書払いの利用方法
LINE Pay請求書払いの利用方法

利用可能開始日は2020年6月1日(月)から。今年の自動車税種別割も可能

利用可能開始日は2020年6月1日(月)からです。

なお、自動車税種別割の納期限は毎年5月31日ですが、今年は日曜日にあたるため、納期限が翌日6月1日(月)となります。

よって、2020年は6月1日限定で、PayPay請求書払いもしくはLINE Pay請求書払いで自動車税種別割の納付が可能となります!

ただし、期限最終日となりますので、必ず漏れがないように注意しましょう

なお、自動車税種別割以外の各税金はそれぞれの各納期限まで支払い出来ますよ。

【PayPay】都税の納付がポイント還元対象に!

PayPay請求書払いを利用する場合、支払額の0.5%~1.5%をPayPayボーナスとしてポイント還元されます

税金を支払ってポイントが還元されるなんて、これはうれしい!!

PayPayの付与率についてはこちらをご参照くださいね。

【これでわかる】PayPay|ポイント還元キャンペーンが超話題!ところでその機能と使いやすさは?

【LINE Pay】Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録すればポイント還元

Line Payの場合は、ポイント還元に条件が付きます。

条件内容は、「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payに登録し、「チャージ&ペイ」機能を使っていること。

チャージ&ペイ機能についてはこちらをご参照ください。

【これでわかる】LINE Pay|手軽に始められて機能も多い

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、外出自粛を余儀なくされる中、こういったキャッシュレス請求書払いを使えば、税金や公共料金などを自宅にいながら24時間いつでも支払えます。

また、外出が不要になるだけでなく、現金を引き出す時間やリスク、引き出しの際にかかる手数料の節約にもなります。さらに、ポイント還元にもなるならば、なお一層お得ですよね。

税金の支払いは結構な金額になるはず。

せっかくですから、ポイントはお得にどんどん溜めてしまいましょう!